玉川企画出版事業部から
書籍のご案内

倉田良成 
新・解酲子飲食


浅沼 璞 
西鶴という俳人


ラファエル・リマ・イトウ 
飛美愛―願いの花―


音楽批評
ゴールデン

ゴールデン第2号

催し物














HOME

contact us


玉川企画出版事業部から 書籍のご案内

ラファエル・リマ・イトウ
 作
飛美愛(トビア)―願いの花―

画家ラファエル・リマ・イトウ作の絵本。

「夢のなかで取り憑かれている「迷い姫」がいるの。
  姫を助けましょう」

大人も、子供も、ページをめくるひとみんなの、大切な力をよみがえらせるようなお話の絵本です。 大きめの文字で、ルビもふってあるので、小さなお子さんも楽しんで、お話の内容を考えながら読むことができます。


飛美愛―願いの花―
ISBN978-4-9907704-3-3
C0771 1000E
定価(本体価格1000円+税)

作者profile
1984年 ブラジル・パラ州のアマゾン川河口のベレンで生まれる。1992年 8歳で来日。2001年 MEN'S NONNO(講談社)でモデルとしてデビュー。2007年 服飾ブランド“LAD MUSICIAN"にて自身のブランド“Rafael"を3シーズン手がける。2008年 銀座・兜屋画廊で初の個展。同画廊の小澤氏との出会いにより、ラファエルは画家となった。その「画家ラファエル」が産声をあげたとき、「侍になった気分。 生きるための刀が筆に宿った」という思いだったと本人は言う。同年 MEN'S NONNOに一年間自身の作品を連載。「日本からブラジルへの移民100周年」事業の一環として、TIME横浜とサンパウロの現代アート展に出品。毎年開 かれている兜屋画廊での個展も今年2014年で七回目となり、ここでは本書の主人公「飛美愛」を立体で表現する試みもある。これは今後、庭〜公園〜村〜島 へと「成長」させる屋外のロケーションを利用して物語をインスタレーションする展示へと発展させ、ただ見せるだけでなく、物語のなかに入り、触れて、更に 食べることもできる、絵本の世界を「再現」しようとするもの。作者にとって「飛美愛」の物語は「邑甫との約束」であり、今後も続編のみならず、様々な展開 が計画されている。


お買い求めはコチラから
玉川企画▼
電話: 046-801-0403
FAX: 046-801-0327


お問い合わせ 玉川企画ⓒ
inserted by FC2 system